学校健診開始

最近香川県の新型コロナウイルス感染者が増加しています。感染防止に更に気を引き締めていく必要がありますが、限界があります。早急なワクチンの普及が望まれます(まだ全国民の1%と聞きます)。

さて、今年も学校健診の季節になりました。私も今日小学校に健診に行ってきました。

コロナ禍になる前は、私の前に子供たちがズラーっと隙間なく並んでひっきりなしに診察している最中、時々子供同士が盛り上がっておしゃべりを始め保健の先生や担任の先生に大声で注意される、というのが微笑ましい光景でありました。去年は例年春に行われている健診はコロナにより延期になり秋口に行いました。今年は予定通り春に行いますが密にならないように少人数ずつ行うようです。耳鼻科健診は聴診するわけではないので少し位にぎやかな位が私は好きなのですが、今年は静かな健診となりました。

最近、めまいや難聴の患者様が多い印象です。新年度で様々な環境の変化によるストレスもあるかも知れませんし、コロナの自粛生活の影響かもしれません。今後も何かと先の見通しがつき辛い状況が続きますが、くれぐれもご自愛ください。

わたなべ耳鼻咽喉科 院長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。