夏期休診のお知らせ

2020年8月11日(火)〜2020年8月13日(木)の期間は休診とさせていただきます。8月14日(金)より、通常通り診察を開始します。

ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

高松市出作町 わたなべ耳鼻咽喉科 院長

当院での感染防止対策

コロナウイルス拡大防止対策として当院では以下の事を行っております。

➀ 待合室、中待合室対策

3密(密閉・密集・密接)対策を徹底します。まず、終日院内の窓を開放し換気しております(※天候によります)。 また、来院された患者様全員に検温・問診を取らせて頂き、アルコールでの手指消毒をお願いしております。また、頻回に待合室の消毒を行わせて頂きます。

② 診察を待機される患者様に対する対策 (呼び出しベルなど)

体調の悪い患者様は、専用個室や自家用車内で診察まで待機頂くようにしております。 また、体調が悪くなくても車内での待機をご希望されます患者様は受付に直接お申し付けください。車内で待たれる患者様には呼び出しベルをお渡しし、診察直前にお呼びさせて頂きます。

➂ 診察室対策

咽頭痛・発熱・咳等の症状をお持ちの患者様の診察時にはゴーグル、ガウン、手袋等をさせて頂く事があります。不快に感じる方もおられるかもしれませんが、感染拡大防止の一手段であり、ご理解ご協力いただけますと幸いです。 また、頻回に診察室の消毒を行います。

➃ 院内職員対策

当院職員は毎日2回検温を行い、少しでも発熱・咳 等の症状を認めた場合は出勤停止としております。 また、全員マスク着用・手洗いを徹底しております。

➄ 薬の処方について

診察を行った後に処方させて頂くのが基本的な流れですが、感染拡大防止の観点より慢性疾患の患者様には薬のみの処方を受け付けております。 当院にかかりつけの慢性疾患の患者様で、状態が変わらず同じ薬を処方希望の方に限ります。お電話にて希望の薬を仰ってください。来院されましたら、受付をした後診察を待たずに処方箋を発行いたします。

処方例)アレルギー性鼻炎に対する抗アレルギー薬、舌下免疫療法など

※必ず保険証、医療証をご持参下さい。

高松市出作町 わたなべ耳鼻咽喉科 院長

ネブライザー制限を解除します

日本耳鼻咽喉科学会・日本環境感染学会など各学会の指針により、検査や処置等に関する制限・解釈が更新されました。

各学会の指針に従いながら、順次必要な予防体制を講じた上でネブライザーについて必要と判断した場合にはこれまで通り実施できるようになりました。

当院ではこれからも皆様が安心して受診でき、十分な検査・治療ができる体制を整えてまいります。

高松市出作町 わたなべ耳鼻咽喉科 院長

CT設置しました

2020年6月1日にCTを設置しました。

コーンビームCTという名前です。大きな病院で取るCTとは違い放射線の被爆が少ないタイプになります。

それまでは、鼻や耳の病気を詳しく調べるために、総合病院に紹介してCTを撮影して頂いていました。大きな病院でのCTの予約を取り、平日の日中に紹介状を持って総合病院に行きCTを取り、また当院に受診して頂いてCTの結果を説明し治療方針を決定する、という過程は患者様にとって3度手間であり、時間的・経済的負担をおかけしました。そのような状況を改善し、当院の理念である「地域に根差した診察、丁寧な診察」を提供するために、2020年6月にCTを導入いたしました。

以下にコーンビームCTの特徴を示します。

➀ 通常のCT(ファンビームCT、ヘリカルCT)と比べて、放射線被曝量が非常に少ない

② 撮影時間が短い :全てで3分程度の検査時間です。(最初は慣れるまでもう少し時間かかるかもしれませんが・・・)

➂ 通常のCTと同等な解像度

➃ 安価な撮影費用 :当院で全て完結できるため、価格は紹介させて頂く費用より約半分になります。

➄頸部(くび)などの軟部組織と言われる部分はこのCTは見づらいので、当院では鼻、耳の検査を中心に行います。また、胸部や腹部の検査はできません。


高松市出作町 わたなべ耳鼻咽喉科 院長

5/24(日)は当番医です

2020年5月24日(日)は、当院が耳鼻咽喉科の当番医となっております。

当日は予約システムも使用できますので、初診の患者様も再診の患者様も当院HPより順番予約を取りご来院頂けます。また、直接ご来院頂いても問題ありません。

高松市出作町 わたなべ耳鼻咽喉科 院長

ゴールデンウィークの予定

2020年4月29日(水) 終日休診

2020年5月4日(月) 終日休診

2020年5月5日(火) 9時〜14時診察

2020年5月6日(水) 終日休診

となります。よろしくお願いします。

高松市出作町 わたなべ耳鼻咽喉科 院長

GW 5/5(火) は診療あります

2020年5月5日(火)はゴールデンウィーク中ですが、9時〜14時の時間帯に診療を行います。

当日は、いつもの予約システムは使用できませんので直接ご来院ください。お車での待機をご希望されます患者様はお申し付けください。

高松市出作町 わたなべ耳鼻咽喉科 院長

新型コロナウイルスに対する当院の取り組み

コロナウイルス拡大防止対策として当院では以下の事を行っております。

➀ 待合室、中待合室対策

3密(密閉・密集・密接)対策を徹底していきます。 まず、終日入り口や院内の窓を開放し換気しております(※天候によります)。 また、来院された患者様全員に検温・問診を取らせて頂き、アルコールでの手指消毒をお願いしております。体調の悪い患者様は専用個室や自家用車内で診察まで待機頂くようにしております。 体調が悪くなくても車内での待機をご希望されます患者様は受付に直接お申し付けください。 また、頻回に待合室の消毒を行わせて頂きます。

② 診察室対策

咽頭痛・発熱・咳等の症状をお持ちの患者様の診察時にはゴーグル、ガウン、手袋等をさせて頂く事があります。不快に感じる方もおられるかもしれませんが、感染拡大防止の一手段であり、ご理解ご協力いただけますと幸いです。 また、頻回に診察室の消毒を行います。

➂ 院内職員対策

毎日2回検温を行い、少しでも発熱・咳等の症状を認めた場合は出勤停止としております。 また、全員マスク着用・手洗いを徹底しております。

➃ 薬の処方について

診察を行った後に処方というのが基本的な流れですが、感染拡大防止の観点より慢性疾患の患者様には薬のみの処方を受け付けております。詳しくは2020年4月8日のお知らせをご覧ください。

高松市出作町 わたなべ耳鼻咽喉科 院長

お薬の処方のみご希望の患者様へ

新型コロナウイルスの広がりと共に緊急事態宣言が出され、極力外出をしない事が望まれております。 高松市でも不必要な外出をひかえてらっしゃる方が多いと思われます。

当院では、新型コロナウイルス感染拡大を防止する観点から、お電話での慢性疾患の薬処方を受け付ける事にしました。

当院にかかりつけの慢性疾患の患者様で、状態が変わらず同じ薬を処方希望の方に限ります。お電話にて希望の薬を仰ってください。来院されましたら、受付をした後診察を待たずに処方箋を発行いたします。

処方例)アレルギー性鼻炎に対する抗アレルギー薬、舌下免疫療法など

※必ず保険証、医療証をご持参下さい。

高松市出作町 わたなべ耳鼻咽喉科 院長

新型コロナウイルスについて

 

日本耳鼻咽喉科学会より以下のお知らせとお願いが発表されました。

新型コロナウイルス感染症は発熱、せき・たん、のどの痛み、体のだるさが主な症状ですが、嗅覚(におい)や味覚(あじ)も低下することが分かり、新聞やニュースで報道されています。しかし、嗅覚や味覚の障害はインフルエンザや一般の「かぜ」でも生じることがあり、必ずしも新型コロナウイルスだけが原因ではありません。また、新型コロナウイルス感染症による嗅覚や味覚の障害は自然に治ることが多く、特効薬もありません。  

新型コロナウイルス感染症における対応と注意事項をまとめましたので参考にしていただけますよう、お願いいたします。  

なお、このお知らせは診断や治療の進歩によって、変わることがあります。

1.急に「におい」や「あじ」の異常を感じるようになった場合には、万が一、新型コロナ感染症であったときに周囲の人に感染を拡大する可能性がありますので、2週間は出来るだけ不要不急の外出を控えてください。その間、医療機関への受診は控え、体温を毎日測定し、手洗いをこまめにしてください。人と接する際にはマスクをつけて対話をしてください。

2.嗅覚・味覚障害の治療は急ぐ必要はありません。自然に治ることも多いのでしばらく様子を見てください。特効薬はありませんが、2週間たっても他の症状なく嗅覚や味覚が改善しない場合は耳鼻咽喉科外来を受診してください。                                    以上抜粋

当院では新型コロナウイルスの検査は行っておりません。  

ご不便をおかけしますが、下記に該当する場合は“香川県新型コロナウイルス健康保険相談コールセンター”に直接ご相談ください(0570-087-550: 24時間対応)。  

1.息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

2.重症化しやすい方で発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(1)高齢者  

(2)妊婦の方  

(3)糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方  

(4)免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

3.上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

※症状が4日以上続く場合には必ずご相談下さい。症状には個人差がありますので、ご自身の判断で症状が強いと思う場合にはすぐにご相談下さい。解熱剤を飲み続けている場合も同様です。

更新:2020年5月18日

高松市出作町 わたなべ耳鼻咽喉科 院長