高松で耳鼻咽喉科アレルギー科をお探しなら

アデノウイルス感染症

アデノウイルス感染症

症状は?

●高熱
●のどの炎症
●結膜の炎症(目の充血、目やになど)
などが特徴です。比較的長い潜伏期間(5~7日程度)があります。

その他にこのウイルスで起こりうる症状を列挙します。

・咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ:別名:プール熱)
扁桃腺が腫れのどが痛み、高熱が3日〜1週間程度続きます。
また、目が充血し、目やにが出ます。プールに入る事が感染源である事も
多く、“プール熱”とも呼ばれます。飛沫や糞便を通して感染することもあります。
流行性角結膜炎
目が充血し、目ヤニが出ます。
高い熱が出ることなく、のどの赤みも強くはありません。
・胃腸炎(嘔吐下痢症)
・上気道炎、気管支炎
・肺炎
・出血性膀胱炎
・無菌性髄膜炎

診断は?

当院では迅速診断キットを採用しています。綿棒でのどや目をこすって取った検体をとり、10分程度で結果が出ます。

治療は?

アデノウイルスに対する特効薬はありません。
症状に対しての対症治療をおこない、安静に自宅で安静にしていただきます。適時、鎮痛解熱剤・抗生物質・点眼薬(結膜炎の時)を使用します。

出席停止期間は?

学校保健安全法では、
咽頭結膜炎は“主要症状が出現消失してから2日経過後”、流行性角結膜炎は“感染の恐れがないと認められた後”に出席可能、となっています。

お気をつけいただきたい事

アデノウイルスの感染経路としてくしゃみなどの飛沫感染、糞便などによる感染、キスなどの接触感染がありますので、それに対する予防が重要です。

診療予約する

インターネットでカンタン予約