高松で耳鼻咽喉科アレルギー科をお探しなら

咳喘息(せきぜんそく)

咳喘息(せきぜんそく)

症状と原因

咳喘息は、乾いた咳が数週間〜数カ月続く事が特徴です。
運動時や発声時などの刺激に対して気道粘膜が過敏になり、咳発作が起こります。
夜間から明け方の時間帯に悪化する事が多いといわれています。
気管支喘息と症状が似通っていますが、咳喘息は気管支喘息に見られる“ピューピュー”、“ゼーゼー”、といった、喘鳴(ぜいめい)や呼吸困難感はありません。

咳喘息の原因は

たばこ、気温や湿度の変化、会話、運動、風邪、飲酒、ストレス、ハウスダストなどが言われています。

治療とお気をつけいただきたい事

咳喘息に対しては、吸入ステロイド薬や気管支拡張薬が効果的です。
医院では吸入治療(ネブライザー)を使用します。
通常の風邪薬や咳止めは効きません。ご本人様、ご家族様の禁煙が非常に重要です。咳喘息は自然に治る事もありますが、約3割の人が気管支喘息に移行するとも言われていますので、早めに治療を開始する事が大切です。

診療予約する

インターネットでカンタン予約