高松で耳鼻咽喉科アレルギー科をお探しなら

インフルエンザ

インフルエンザ

感染経路

飛沫感染により感染します。
インフルエンザウイルスを含む唾液や痰が、咳やくしゃみで飛沫となって空中に飛び、これを他人が吸引することにより感染します。

症状

インフルエンザは、突然の高熱、関節痛、流行期に感染するなどの特徴があります。
しかし、インフルエンザでもワクチン接種後などで高熱にならない場合もあり、かぜとの区別がつきづらい事もあります。
インフルエンザは毎年12月~3月ごろに流行し、潜伏期間1〜5日(平均3日)です。症状は通常約1週間で軽快します。
しかし、お年寄りや、小さなお子様や、元々ご病気を患っておられる方は、肺炎などを合併したり元々のご病気が悪化し、重篤な状況になることがあります。

検査

インフルエンザ迅速診断キットにより数分で診断できます。

治療

インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬を使用します。
飲み薬と吸入薬があり、年齢やご希望により選択させていただきます。
できるだけ早期に服用する事により治療の効果が出やすいといわれています。

インフルエンザワクチン

体内に抗体を作り、インフルエンザを予防したり症状を軽くする効果があります。
特に、お年寄りや、小さなお子様や、元々ご病気を患っておられる方が重篤な症状にならないようにすることが重要です。
ワクチン接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかります。また、その効果は5ヶ月間持続します。
その為、インフルエンザの予防接種は、10月〜12月中旬までの接種が望ましいです。
ご希望の方は、受診の際、窓口で仰ってください。

診療予約する

インターネットでカンタン予約