高松で耳鼻咽喉科アレルギー科をお探しなら

成人の副鼻腔炎(ちくのう症)

成人の副鼻腔炎(ちくのう症)

症状は?

3大症状は
① 粘っこい鼻水
② 鼻水がのどにたれ込んで痰のように感じる(後鼻漏)
③ 鼻づまり
です。
その他、頭痛、頬の痛み、歯痛、歯の浮いた感じ、嗅覚障害(においの消失、減退)があります。

原因は?

鼻の周りには副鼻腔(ふくびくう)という、通常空気がたまっている空洞があります。
ばい菌・ウイルス・上の歯の虫歯などが原因となり副鼻腔の内部に膿がたまり(これを蓄膿[ちくのう]といいます)、症状が出てきます。

検査は?

鼻の中に細いカメラを入れて直接観察し、鼻の中の膿がないかなどを調べます。
しかし、副鼻腔の病気は直接見ただけではわかりづらい事もありますので、他院でCTなどの画像検査をさせていただく事があります。

治療は?

➀ お薬での治療
抗生物質、膿を排除する薬、アレルギー薬などを使用します。
② 局所的な治療
ネブライザー治療、鼻洗浄を行います。

今後お気をつけいただきたい事

副鼻腔炎の中には短期で治るものと、長期的な治療を要するものがあります。
長期的な治療は数か月を要する事もあります。

診療予約する

インターネットでカンタン予約