高松で耳鼻咽喉科アレルギー科をお探しなら

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の種類

通年性アレルギー:年間を通して起こる(ハウスダスト、ダニ、犬、猫など) 
季節性アレルギー:一定の季節に限って起こる(スギ、ヒノキ、ブタクサなど)

原因

ハウスダストやスギ花粉など、アレルギーを起こす原因物質を「アレルゲン」といいます。アレルゲンが鼻に入り、くしゃみ鼻水という症状でアレルゲンを体の外に追い出します。また、アレルゲンの侵入を防ぐかのように鼻がつまります。
このように、アレルギー性鼻炎は体にアレルゲンが入らないようにする防御反応として起こっていると考えられます。

症状

鼻水・鼻づまり・くしゃみ、が3大症状です。
その他、眼のかゆみも代表的な症状となります。

検査

・視診
専用のスコープを使って直接鼻の粘膜の状態を観察します。アレルギー性鼻炎では、鼻の粘膜が全体的に腫れあがって白っぽく見え、透明の鼻水がみられます。また、副鼻腔炎、鼻ポリープなど他の病気があるかどうかも観察します。
・特異的IgE抗体検査
少量の採血でどのアレルゲンに対する反応があるのか種類、量を調べます。これによってほこり、ダニなどの一年中あるアレルギーか、スギ、イネ科などの季節性の花粉症かなどが判断できます。また、おおよその程度も推測できます。

治療

治療目標は、”症状をなくす、ないしはあってもごく軽く、日常生活に支障がない状態”、です。
➀ お薬の治療

  • 軽症
    抗ヒスタミン薬または抗アレルギー薬
  • 中等度

    くしゃみ・鼻水型

    • 抗ヒスタミン薬
    • 抗アレルギー薬
      ステロイド点鼻薬
      (このうち1つ)

    鼻づまり型

    • 抗ロイコトリエン薬
    • 抗トロンボキサン薬
      ステロイド点鼻薬
      (このうち1つ)
  • 重症

    くしゃみ・鼻水型

    ステロイド点鼻薬と抗ヒスタミン薬

    鼻づまり型

    ステロイド点鼻薬と抗ロイコトリエン薬または抗トロンボキサン薬

② アレルギー免疫療法
原因となるアレルゲンのエキスを薄い濃度から少しずつ注射し、体をアレルゲンに慣らしてアレルギー反応が起こりにくくなることを期待する治療法です。数年間という長期の治療になりますが、完治することもあります。
スギとダニの治療があり、当院では10歳以上の患者様で行っています。
➂ 手術療法
当院では、トリクロル酢酸下甲介焼灼療法を行っています。

予防方法

ダニ
ハウスダストが原因となる場合、その大部分は室内のダニです。その除去の為に清潔な環境をつくることが重要です。掃除機で清掃したり、フローリングを使用する事が対策になります。
ペット
飼育をやめるのが最善ですが、犬は外で飼育する、猫は寝室に入れない等の方法もあります。

診療予約する

インターネットでカンタン予約