高松で耳鼻咽喉科アレルギー科をお探しなら

嗅覚障害(においが分かりづらい)

嗅覚障害(においが分かりづらい)

症状は?

嗅覚障害とはその名の通りにおいが弱くなったり、消失する事です。
生まれつきにおいが分からない“先天性”と、ある時期ににおいが分からなくなってきた“後天性”があります。

原因は?

“後天性”の原因としては、頻度が多い方から、
➀鼻の病気(アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎など)
➁風邪をひいた後(ウイルスによるにおいの神経や粘膜の障害)
➂脳の問題(腫瘍、外傷など)
➃加齢
➄鼻の腫瘍
などがあります。

治療は?

➀ 鼻の病気の治療:鼻炎・副鼻腔炎がある場合
② ステロイド点鼻薬
➂ 漢方薬
などがあります。

以後お気をつけいただきたい事

放置しておくと治りづらくなりますので、症状が継続する場合には、一定期間治療を継続していただきたいと思います。

診療予約する

インターネットでカンタン予約