高松で耳鼻咽喉科アレルギー科をお探しなら

突発性難聴

突発性難聴

症状は?

難聴・耳鳴り・耳の詰まった感じを特徴とする病気です。めまいが合併する事もあります。その名の通り突然聞こえづらくなる事が多く、その時間まではっきり覚えている方が多いです。

原因は?

“原因不明”の難聴です。
● ストレスの関与
● 耳に関係する細い血管の詰まり
● 聴こえの神経のウイルス感染
など、様々な説がありますが未だにはっきりとはしません。

治療は?

ステロイド薬・血管拡張薬・ビタミン剤を一定期間内服します。
また、治りづらい場合や難聴の度合いが大きい場合、ステロイドを鼓膜の奥の中耳という部分に投与する方法があります。

この病気の注意点

早い時期から治療する必要のある病気です。具体的には、1~2週間以内に治療しないと治る可能性が急激に下がると言われています。
難聴の程度が重かったり動けないほどのめまいが合併している場合などは、入院治療が必要になる事もありますので、入院設備のある耳鼻咽喉科に紹介させていただきます。
ステロイドを自分の判断で突然中止しないでください。体調が悪くなる事があります。治療中に聴こえが完全に良くなった場合でも、医院で聴力検査に基づいて医師と今後の治療の方針を相談してください。
この病気は、片方の耳に1回だけなる事が多いです(絶対とは言えませんが)。難聴やめまいが何回も起こる場合がメニエール病の診断になる事があります。しかし、メニエール病の初回の症状に対する治療と、突発性難聴の治療は同じですので、心配はいりません。

診療予約する

インターネットでカンタン予約