高松で耳鼻咽喉科アレルギー科をお探しなら

メニエール病

メニエール病

症状は?

めまい・難聴・耳鳴り・耳の詰まった感じを特徴とする病気です。
めまいが有名な病気ですが、初期には難聴・耳鳴り・耳の詰まった感じのみのケースもあります。
これらの症状は、実は「突発性難聴」という病気と全く同じ症状です。
メニエール病が違うところは、“症状が繰り返す”ことです。
突発性難聴は通常は1度しか発症しません。

原因は?

ストレス”“脱水”などが引き金となり、耳の奥の「内耳」という部分にあるリンパ液が増加する事が原因であると言われています。
几帳面でまじめ・小さなことでもクヨクヨ悩む事が多いといった性格だったり、生活環境が一変したときに(例えば引っ越し、転職、育児、など)、発症しやすい傾向にあります。

治療は?

段階に応じて以下の2つを行います。
①生活指導
水分摂取療法:内耳にリンパ液がたまりづらくします
有酸素運動:水泳、ウォーキングなどを週に合計して3時間程度行います
②薬による治療
利尿薬:内耳のリンパ液を尿として排出する役割があります
ステロイド薬:突然難聴が進んでしまった場合に使用します
抗めまい薬:めまいに対する対症療法として内服します

この病気の注意点

上でも言いましたが、この病気が厄介なのはいったん良くなっても繰り返す病気である事です。
また、一回一回の症状は治る可能性がある一方で、放置しておくと、難聴が進行し治療できない状態になっている事もある為、定期的に受診する事が必要です。
また、内科では、めまい=メニエール病とされる事がありますが、実は原因は違う事がありますので注意を要します。

診療予約する

インターネットでカンタン予約