花粉症の皆さま

今年は例年よりスギ花粉の飛散が多くなっています。

【わたなべ耳鼻咽喉科】では花粉症やアレルギー性鼻炎に対して、通常のお薬での治療の他に以下の3つの治療を行っています。

➀ トリクロール酢酸下甲介化学剤手術

:鼻の粘膜をトリクロール酢酸という薬剤を塗布する事により、鼻閉に70%・鼻汁に60%、くしゃみに50%程度の症状を減らす効果が期待される治療です。効果や約1-3年です。これは「鼻レーザー手術」と同等の効果です。むしろ、手術中の焦げた匂いが無かったり、心理的負担が少ないとされています。

② 舌下免疫療法

:花粉症・アレルギー性鼻炎に対する根本治療です。スギ・ダニアレルギーが適応です。 4年間程度行う必要があるというデメリットもありますが高い効果があり、通常のお薬での治療以外を希望される方には待望の治療であると言えます。

➂ ゾレア注射

:通常の花粉症(季節性アレルギー)に対する治療に効果がない方に、抗ヒトIgE抗体製剤の注射による治療を行います。事前に血液検査が必要ですが、2-4週に1回の皮下注射で治療する事が可能です。重症花粉症に画期的な治療です。

また当院では2種類のアレルギー検査を行っています。

◆ View39

:血液検査で花粉・食物・ハウスダスト・ダニ・動物など39項目のアレルギーを調査します。

◆ イムノキャップ

:指先より少量の血液を採取し、代表的な8項目の調査をします。小さなお子様にも負担が少なく行う事が可能です。

今年はコロナによりくしゃみをする事もはばかられると思います。鼻水・くしゃみ・鼻づまり・目のかゆみの症状が現れたら、早く治療を始めましょう。

高松市出作町 わたなべ耳鼻咽喉科 院長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。